タクシー

フィリピンはタクシーが驚くほど安い。
最近いろんな物が安くなくなったと感じる中で、値上がりしてもなお安いと感じる所がスゴイ。

1日4~6回程度タクシーに乗るので、一年では1000回前後乗る計算になる。
それだけ乗ると、やはり色んなタクシーに出会う。臭いタクシー、途中でエンコしちゃうタクシー、何も話さないドライバー、逆に話がウルサイドライバー、メーター使わないドライバー、オンナを紹介したがるドライバー、何処かへ案内したがるドライバー、兎に角いろんな連中に出会うのだが、今の所ヤバイ状況には会った事が無い。

しかし、だからと言ってタクシーが安全になったと言いたい訳ではない。結局ドライバーの言う事なんていちいち間に受けて無い訳だから、ヤバイ状況をハナから回避し、君子危うきに近づかずを実践しているだけ.......とも言えるからだ。

今日も朝練の帰りに住宅街でタクシーを捜しながらプラプラと歩いてると、普通の車がスッと近づいて来た。
運転手が窓を開けて手招きするので近寄って見ると、タクシーだ!どこ行く?とタガログで聞いてきた。
昨年の法改正でタクシーは全て車体にアルファベットと番号を組み合わせたものが記されているが、このタクシー?はそれも無かった。明らかにいわゆる白タクモドキなのだろう。

オレはそんな事を考えながらも、マカティまでだが?と言ってみると、ドライバーは乗れ!とドアのカギを開けた。何となく、試してみたい気が起きたオレは、その車に乗り込むと運転席の横を覗き込んだがやはりメーターらしき物は無い!

目的地までのメーター料金は100p弱と判っているので、もしドライバーが値段交渉して来た場合は即座にタクシーを降りようと用心しながらオレはそのままタクシーに乗り込んだ。

ドライバーは目的地を再度聞いて来ただけで、特段カネの話しは切り出して来ない。オレもカネの話しはせずにそのまま乗り込む事にした。

目的地に着くとオレは黙って100Pを渡した.................

そして、ドライバーはThanks!と言って車を発進させた..............

ただ、それだけ................

今までの経験でメータータクシーであろうとなかろうとドライバーから値段交渉して来た場合はふっかけられる可能性大なのだが、メーターを使わずともドライバーから値段交渉して来ない場合は、メータープラスチップ程度のカネを渡してモメた事は無い。ただ、目的地までメーターでどの程度か判っていなければならないのだが........................

歯医者

日本で毎月高い国保を支払っている事もあり、人間ドックと歯医者は日本で受けていたのだが、今日初めてマニラの歯医者に行ってみた。
パークスクエアの一角にあるその歯医者は、駐在員のJollibeeちゃんに以前教えてもらっていた。

正確には昨日グリーンベルトに行った際に、偶然奥歯上下の歯が痛み出したのでふと思い出し、パークスクエアまで足を伸ばして今日の予約を取ってみたのだ。

店構えはこちらの一般的な小奇麗なガラス張りのクリニックで、中には四列程の治療椅子が並んでいた。器具類は日本とほぼ同じで、歯科医一名と助手一名がセットで治療に当たってくれた。

「シラナンイーピンコ」と自分の奥歯を指差すと、歯科医は一通り歯を見てから適切に治療必要箇所を指摘してきた

ま、ここまでは良かった。

その後、まずは歯のクリーニングから始まり、歯垢除去後治療開始。しかし、歯垢除去だけで既に十五分以上かかっている。日本ならこれで1日分の治療は終了だろう。

その後奥歯上下二本の歯を削り始めたのだ。上の歯は既に神経を抜いてあるので痛くは無く、順調に削れたのだが、下の歯は神経がある為か、削り進めると痛い。麻酔をして思いっきり削ればすぐに終わるのだろうが、こちらが痛むのをだましだまし削るので、兎に角時間がかかる。おそらくこの歯だけで15分は削ってたのではないだろうか。

二本の歯を削る間に二度程声を出して止めてもらった。痛いのもあるのだが、奥歯を削る間に助手が操作している切削器から出る水を吸い上げるバキュームが、全然検討ハズレな場所で吸い上げている。

奥歯を治療しようと切削器を口の奥に突っ込んで、挙句に大きく開けてある口に水が流れ込むと水が喉にまで流れ込み、それを喉で止めているので息が出来なくなる。痛いのと呼吸困難でかなり苦しかった。

治療自体は日本と同じで、削った後は光を当てて固める白い詰め物を詰めてお終い。
時間は何と一時間もかかった。こんな長い時間口を空けていたのでもちろん顎が痛い。
料金は2750p。その辺の街の歯医者よりはかなり高いが、日本とほぼ同じ治療レベルを受けられる事と、日本程時間がかからず一回で直る事がメリットだろうか?

個人的には麻酔を使わなかったのがマイナスポイントで、次回も使うかどうかはちょっと不明。
値段については、安い医者なんかいくらでも居るが、三十年前の器具使われて、バシバシ抜かれるよりはこの程度の値段でもまともな治療をしてくれる方が良いかと考えている。 続きを読む

チェック!!

今日オレ宛てに切られた小切手(チェック)を換金する為、行った事も無いマニラ市サンパロックという場所にある銀行へ行って来た。

サンパロックはその名の通り、競馬場がある地域で、高層ビルは殆ど無い昔からの下町の雰囲気を醸し出して居る街だ。

何故チェックの換金なのか?は説明すると長くなるので、次回のチャンスに回す事にして、このチェックの換金なのだが、日本と違い非常に厄介だった。

基本的に他の銀行での換金(現金化)は難しく、最初に行ったホームバンクのメトロバンクではチェック発行の銀行へ行ってください。と言われ、タクシーで片道100pもかけて小切手発行の銀行へ行く事になった。

銀行では、広いカウンターに一人しか居ない係員のオンナに取り次ぐと、係員はIDを二つ見せてください。と言われ、いつも財布に入れているパスポートのカラーコピーをとりあえず見せた。

係員はドライバーズライセンスか何かは?と聞いて来るので、オレはちょっと意地悪して日本の免許証を渡した。案の定彼女はフィリピンの免許証は無いですか?と聞いて来たので、フィリピンで運転なんかしたいと思う外国人が居るの?もちろんオレは怖いからヤダね。だから持って無いよ!と定番のジョークをかましてみた。

これはちょっとウケたようで、係員は笑いながらマネージャーのおばちゃんに聞きに行くと、少しの間話しあい、その後どこかに電話し始めた。

電話で話しながら、オレにパスポート云々と言って来たので、さっき渡したその手に持っているコピーがパスポートのコピーだよ!とカウンター越しに大声で教えてみるものの、何かピントがずれている。

ラチがあかなかったようで、電話後も二種類のID提示が規則だから....と言って来た二人に、だって外国人だもんねぇ、そんなの知らないし持ってないもんねぇ。日本の運転免許証に、クレジットカードならこんなにあるよ~。と財布の中に有るものをとりあえず見せると、またまた考え込む二人。

その後、チェックの持ち主に電話確認しましょ。という事になり、電話してみると本人が捉まった。
電話口の本人確認はどうなってるんだよ?と素朴な疑問も無くはなかったが、とりあえず何故かオレも電話口に出され、目出度く三者確認が無事終了し、出金と相成った。

しかし、なんとも不便な小切手の現金化だ。

エアコン修理完了

昨日の午後エアコンが修理されて戻って来た。オレの予測よりは早く上がって来たようだ。
見ると、クリーニングされた上にファンのシャフトは交換されていた。聞くとベアリングと一緒に交換したようだ。

値段は先日連絡があり、トータル2000pという事だった。
先日半金1000pを渡していたのだ、今日はセットして動くのを確認した上で残りの半金を渡した。

クリーニングとガス充填はメンテナンスの基本メニューなので、新品同様のピカピカ状態で戻って来たエアコンに一応満足した。

値段もガードとコンドメンテの二人分の取り分が入って居るかと思えば高いような気もするが、気になる程の値段では無かった。

PS
クリーニングとガス最充填されたエアコンは新品同様の空冷効果を再現している。
もう前の状態がウソのような冷え冷え。昨晩は設定をかなり緩くしても寒くて目が覚めてしまった。
記事検索
最新コメント