以前からプリンターが欲しかった。
閲覧性の悪いノートパソコンのモニターでは幾つものページを開いて見比べる等という芸当は難しい。

そういう訳で、先週はプリンターを探して街中を彷徨ったわけだが、なかなか良いのが見つからない。

行き着いた先がメガモールのオクタゴンというパソコンショップ。
ここは結構大きくて品揃えが良いのと、プリンターメーカーのコーナーがまとまっていて、製品と価格を比較しやすい。

性能的にはhpのFAXも付いている複合機が欲しかったのだが、何故かFAX付きの複合機になるとプリンターサーバ内臓のネットワークプリンターになってしまうので、20000P~35000Pという価格帯になってしまう。

いろいろと考えた挙句、何故かブラザーの最新機種だと言うDCP-330Cというカラープリンターに決着した。

dd3fd94a.jpg


値段は7200P強。18000円位ですかね?

ちなみに、ヨドバシオンラインでは12000円でした。

まあ、ええかとこれに決めた後、会計をすませてからふと追加のインクを買っておこうと思い立ち、店員にインクカートリッジも頂戴と言うと、何と「この型のカートリッジは新しいのでまだ入荷してない」との事。

カートリッジもまだ扱ってないのにプリンター売るのかいな?と思うが、ま、Pスタイルと思って諦めた方がよいだろう。

しょうがないので、インクは日本のオンラインで購入、月一で前妻が子供の家に送っている定期便に入れて送ってもらう事にした。
ちなみに、この機種のインクカートリッジの型番は日本製とは型番自体違います。

この取り扱い説明書に記載されていたインクカートリッジの型番はLC57系の番号ですが、日本製はLC10系の番号になってました。

結構こういうの多いですね。
日本で消耗品仕入れようとすると型番違い.....