まだ先々週の土曜の話しは続くのだ...............

山猫からの連絡待ちで、ね○とレストランでプラプラしているといろんな人に出会う............

Hさんが、パサイ警察署に紛失証明を取りに行っている間に、昔の知り合いJちゃんに出会った...................

もう一年位会って無かったので、既に日本に帰っているのかと思ったのだが、まだマニラでプラプラしていたらしい(笑)。

普段は表情豊かに良くしゃべるオトコなのだが、その日は何故かどよ~んとしていた。

話しを聞くと、一年あまり付き合ったオンナが居たらしいのだが、オンナのあまりの奇行振りに逃げ出して来たらしい。

彼女の奇行とは、「あなた別にオンナが居るでしょ」と暴れるらしいのだ。
それも、今まで三回も警察が部屋に来たというのだから、その暴れ具合は尋常じゃない。

詳しくは彼のプライベートなので説明できないが、オレの聞く限りじゃ「嫉妬」の範疇を十分超えているようだった。

オレの第一印象は「車部中」なんじゃないか?
という感じだったが、良く話しを聞けば、彼女の生い立ちにも因果があるようだ。

この国の低所得者層の連中は性格破綻しているのが結構多い。
もちろん「車部」等の外的要因もあるかもしれないが、やはり小さい頃からの限界以下の生活環境が正常な性格形成を阻害しているんじゃないかと思っている......

いずれにせよ、破壊衝動癖の有るオンナから逃げ出したJちゃんは意気消沈していた。

しかし、彼のようなパターンはなかなかオンナを断ち切る決断が付かないのが特徴だ......

どうしたら良いのか.......と悩んでいる彼にオレは言ってやった。

「マニラを離れよ」

フィリピンは広い。凹探しにも飽きたらしい彼にはちょうど良い休養期間なんじゃないか?と考えたオレは、ビサヤの田舎あたりをプラプラしてれば気も晴れる上に、オンナとの冷却期間にもなるだろう.....と。


そして、彼は翌日ダバオに発った..........