さて、山猫が田舎に帰った..........
パサルボン山程抱えてったので帰っただろう......
しかし、もしからしたらパサルボンの食い物を肴に、旧住処のバランガイに潜伏して有り金はたいて酒盛りしてるかもしれない(爆)

心配後無用。
こちらはIT技術を駆使して自然動物の行動監視は怠らない訳です(爆)
以前、某サイトで紹介したらバカ受けだった位置情報サービス。
最近トンと使って無かったが、今回の山猫マスバテ帰郷を観察しようかと、久々に使ってみた。

手順は簡単だ。
まずは位置情報サービスを登録した300p程チャージしたsimカードを渡し、これを使えと......
チャージされたsimは間違いなく使います(笑)

でもって、後は位置情報サービスで逐次移動場所を確認するだけです。
今回はいつものsmartの位置情報サービスを使いましたが、何と暫く使わない間にグーンと進化してました。

一番ビックリしたのはwebサービスが出来ていた事!
http://www.personfinder.ph/personfinder/index.htm
これです。

マーキングされた地図情報が何とも........

これで、山猫出発後トラッキングしてみると.......
う~ん、最初はエドサあたりで停滞......その後急にバタンガス方面に....うんうん。
そこから、回り込むようにディープケソンに向います。なる程。
ディープケソンからビコール奥地へマーキングはどんどん移動していきます。
途中、電波塔が無いのか、シグナルが消えたり...(爆)
で、ビコール南端からフェリーでマスバテに......約20時間後、無事マスバテに到着したようです(笑)

ま、こんな具合でマニラ潜伏の可能性は消された訳ですね。
これで、短いですがパロパロ生活を安心して過ごせます(爆)

PS
このサービス便利なんですが、不便な所も幾つか......
まず、位置確認がGPSとかでは無いので、かなりズレます。
例えば、モールオブアジアへ行ったのに、コンプレックスあたりと勘違いして、「お前仕事しとんのか!」とか、同様にSMに行ったのに、フィールズ西側にマーキングが出たり......勘違いにご用心!

あと、webサービスはパスワードの有効期限が24Hしかないんですね。
ですから、イチイチ24H毎にパスワードをもらう必要があります。
なを、パスワードは携帯textからしか取れませんので、日本からだと難しいかもしれませんね。

570b55e6.jpg