今回日本滞在中に上野、錦糸町、小岩のPパブを定点観測したが、どの店も一年前と比べてハッキリと解る程レベルが落ちていた。
もっと言えば、かの昔、ブルーカードがあった時代にタレントビザで来日していた連中と、今の連中とは違う人種なのかもしれない...とさえ思う程、まったく別物になっていた......

イミ婚派なのだろうか?、店によってはオバP軍団に混じって若い子も居るには居たが、連中の目は総じて日落ちしたさんまのようだった。
ハイエナは群れから離れた弱い動物を襲うと言われてるが、あんな腐ったような店に足を運ぶ社会に傷ついた痛いオヤジを虎視眈々と狙っているのかと思うと気が滅入って来る。

連中の求める物は偽装結婚にビザ、そして財布の紐の緩い連中がばら撒く日本円.......
いや、金を求めるのは仕事に来てるんだから良しとしても、その方法が違法行為となってしまった今、連中の表情にはLAでクダ巻いているババア連中同様に、どこか犯罪者然とした陰りが有ると思うのは、思いすぎだろうか?

久々に日本で会ったN君と入った錦糸町の雑居ビルにあるアルP店では、オーバーステイも混じっているのか、入店したオレ達をねめつけるGROの目つきが野獣のようで、ここが飲み屋だという事を一瞬忘れてしまう程緊張してしまった......(涙)

ちなみに、昨年唯一まだまともだった錦糸町駅付近の店は、今回はGROの質がガクンと落ちていた。
というか、怪しいビザで来ていると思われる若いGROは殆ど駆逐されていて、普通のアルPが多くを占めていたのだが...........

小岩、上野も終わってました........
どんな連中だったのかは前のエントリーで散々書いた通りで、やはり一時代を築いたフィリピンパブというのは、もう似て非なる物になってしまったと思った方がよさそうだ..........


ps
ところで、ひとつだけマニラの店に居るような錯覚を覚えた店があった。
場所は浜松.....最近風の噂で聞いたチャリティービザで来日という新種だ。
初来日の十代後半から二十歳前後の初々しいGRO(GROではないのだが)で、これはGOOD!.......ま、特殊なケースなので何処にでも有るという訳ではないが。

3166534d.jpg