日本企業によるこれほど大規模なエンターテイメント施設の開発は初めてじゃないかな?
しかし、「暫定ライセンス」というのが気になるなぁ.......オープンまでには揉めると見た!!(笑)

■フィリピン、マニラのカジノ計画進む-日本企業が2010年開業予定
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=38046

------------------------
フィリピン観光省(DOT)によると、マニラ湾沿いでカジノ建設プロジェクトが進んでいる。
これは遊戯機大手の日本企業アルゼが展開するもので、このほど建設用地とカジノ営業権の暫定ライセンスを取得した。地上33階建て、客室数約2000室のカジノリゾートホテルを建設する計画で、完成後は約2万平方メートルのカジノやコンベンションホール、ミュージアム、高級スパ、プール、ブランドショッププロムナード、レストラン、水族館、観覧車などのアミューズメント施設を備える床面積約57万平方メートルの規模になる。2010年4月にはカジノを先行オープンし、2011年11月にホテルの営業を開始する予定。
------------------------
アルゼ発表資料
http://www.aruze.com/ir/release/2008/20080821_02.pdf