昨年7月に高値更新をしたブルゴス飲み代。
その後いろいろな反響が出たようだが、我同胞で言えば、昨年は日本式カラオケの料金が劇的に下がった年でもある。

その日本式カラオケはセット料金500pは当たり前、最近は300pあたりまで値が落ち始めたようだ.......
いや、あのマビニ通りの価格破壊カラオケの先駆者A店ではセット料金無料!.....とまで過激なプロモーションなんかも展開しているようだ。

さて、そんな中でブルゴスの店では先日書いたようにデフレ現象が現れ始めた。
しかし、一時の日本式カラオケのように閑古鳥が鳴いた結果...という感じでは無いけど、基本的に外国人対象とハッキリと顧客スクリーニングされているブルゴスでは、World Wide Economy Crunchを先取りした形だろうか?

今の所、高級クラブを標榜するDivinoは別として、価格的に牽引力が有るのはボトムスを総本山とするボトムスグループ。
ボトムスはSML160にLD390と高値を維持しているが、グループ他店は微妙に値段を違えているようだ。
ティクルスはSML150p、LD350p。

昔は勢いのあったモンタナグループ。
モンタナはSML160、LD390だが、ジャングルはSML160、LD370p。
ちなみに、ジャングルはハリウッド同様、良くつり銭詐称をやる店でもある(名目上は5pや20pが無いという事らしいが、黙って持ってきたつり銭を確かめると5pや20p分つりが足りない)。

ブラッシュはSML125,LD350。
マスカラはSML100を売りにしているようで、ドアや店内にその旨書いて張っている(笑)、LD295。

と、全体的にばらつきが出てきているようだ。

ちなみに、最高峰のDIVINOはSML200、LD600。

また、安く上げようとすれば、午後3時頃からのハッピーアワーか?
良く行くシャンプーはSML80、LD210、このあたりが標準的値段。

安値で健闘しているのはブルゴスの入り口にあるLAグループのRogue...ここは夜の10時までハッピーアワー、とブルゴス一のハッピーアワーが長い...しかもSML50と本家LAより安い.....(LDは確か200だったかと....)

これに匹敵するのが逆に最北端のWOW。
ここは日曜がオールタイムハッピーアワーで、SML60、LD150とこれまたあんへ並み。

安く済ませるなら、午後3時頃からちらほらと開き出すハッピーアワーで飲んで、昼シフトのババエがハケる夜の10時以降SO.....
というのが定番かな?

そういえば、昔は仕事上がりのババエが集まる所と言えばフィリングステーションと相場は決まっていたが、最近はビリヤードやるヤツ以外はとんと少なくなってしまった。

代わりにブルゴスの入り口に出来たアンドックス。
ここはファーストフードよろしくオープンエアのイートインコーナーが広く作られてる店だが、ここに仕事終了後いろんな店からババエがどっと押し寄せて来る。

但し、ここは一般客も多いので、バーの中のようにエロエロ話しでからかおうと思うとババエに嫌な顔されるので、そういう趣向の人はご注意!

0b52f19e.jpg




※細かい各店の料金については裏のultra掲示版に随時UP