上野の飲み屋と言えば、上野二丁目近辺にかたまっているが、Pパブはいまだに何件もこの狭い地域に密集して生存しているのは不思議と言えば不思議か?

先述のように、店はほとんど昨年同様PTA連中とイミ婚と見られる挙動不審ババエが殆どだが、何故か客もそこそこ入っている...というのも昨年同様。

滞在日程が短かったのと、メシ食うと飲めなくなるので、同じ店に通う事は殆ど不可能なオレは、ババエの携帯メールをゲットしてはタガログメールのやり取りで暇をつぶしていたのだが.........

このタガログメール、普通は反応は真っ二つに分かれる。
大抵はあまり良い反応じゃない...カミさん持ちに見られるか、ババエロオヤジと見られるかどちらか。
日本滞在中、タガログ携帯メールに過敏に反応したババエが二人居た。

一人は一度しか行った事の無い店のイミ婚らしいちょっと見かわいいババエ。
ある時、kmsta? na saan ka ngayon?(元気?今どこ居るの?)とメールがあった。
オレは上野に居るが暇だ.....同伴はしないけど、それでもいいならメシでも食おう...と返した。
じゃ、どこで待ち合わせる?...と来たので、お決まりの丸井前と返して、のこのこと丸井前へ。

待ち合わせ時間ぴったりに丸井前に着いて見渡すもババエおらず。
携帯メール送ってみると、丸井の中に居るらしい。すぐに表に来い...と返すと、ものの三分程で入り口にピーナが一人出てきた。

そのピーナを見た瞬間..........
「またやってもうた.....」の図....涙。
このメール....ちょいかわいいイミ婚ババエだとばかり思っていたら....、目の前に居るのはどう見ても30前後のPTAババエ!
いつもの勘違い発動!!

しかも、しょうがないので「ホイ!」と声を掛けると、「ア~、イカウパラ」(あなただったの?)
........と向こうも勘違いやんけ~!!
よく聞いたら、今は店辞めた友達と勘違いしていたらしい。

以前も書いたが、短縮スペルの書き方や語尾にha!とか付けたりすると、ババエメールとよく間違われる。
今回も多分その手だろう。

丸井の前で、しばらくシラケた空気が二人を包んだが.......
じゃまた...と言う訳にもいかず、どこ行く?と聞くと、彼女はその女友達とダーツをやるつもりだったらしく、何とマイダーツを持ってきていた........仕方が無いので、ダーツバーへ。

京成上野駅近くの雑居ビルの中に有るダーツバーは若者で溢れていた。
他にPナも居なければ、オヤジも居ない。
ダーツなんて、ロハス沿いの1418カフェでやった以来だろうか?

マイダーツ持ってる位だからババエはダーツ上手かった。
ビリヤードやるババエは何人も見たが、ダーツやるババエはこいつが始めてだった。
本人は27歳だと言い張っていたが、日本人の旦那側に残した小学校の子供が居るらしい。

当然守備範囲外なので、ビール飲んでダーツやって、終了。
二度と会う事は無いだろうと思ったが、それは向こうも同じか?
その後メールはピタリと止まった...........


8eee9ec7.jpg