相変わらずカラオケラッシュだ。
閑古鳥の鳴いていた2006年頃とは大違いで、無くなると言いながら、続いているパサイロードや、新店ラッシュが続くマビニ等、韓国カラオケが潰れていく中で、日式カラオケは勢いが衰えない。

先日、ultra掲示板にもよく書いてもらっている8氏に、新しいカラオケオープンしたようですよ。
と、教えてもらったのが、マラテはボコボストリート、ロビンソン近くにオープンしたchick。

カラオケ情報は普段は裏掲示板であるultra掲示板に書くのに、なぜあえて表に書くかと言えば、店の作りが他を凌駕しているからに他ならない。

ボコボのあの場所に以前何があったかは思い出せない。
というか、あまり通らない場所。通行量もそれ程多くないだろう。

そんな場所に佇む一軒屋風情の建物がchickだ。
表から見ると、レストランのようにも見える。
事実、昼間はレストランとして営業してるという事。

建物を入ると、なんとレ小奇麗なセプションまであり、ババエはここに待機している。
レセプションの奥は高級感漂う小さめのラウンジで、カウンターも有る。
そして、その奥は個室が並んでいる。

基本は個室カラオケのようだが、その個室がまた作りこんでる。

008_1024
※この日入った一部屋、隣との境が書割状態だが、それはご愛嬌?


新装なので、どこもかしこも綺麗な上に、高級感も漂ってるのが良い。

ババエの数は十分、内容は.......ami jamからの移籍組みが目立った。
食い放題との事だが、食べ物は昼間レストラン運営している割にはもう少し勉強が必要か......

箱は非常におもしろいので、後は中身という感じか。
歌わないオレにとって唯一のプラス要因は、各部屋にカラオケシステムが有るが、そこでDVDを見る事も出来る。
店には、数はそれ程多くないが、DVDソフトも取り揃えてあって、頼めば持ってきてくれる。

先日はトリプルXのヴィンディーゼルのムキムキ筋肉を見ながら酒飲んでたら、何か友人宅の居間で飲んでるような錯覚に陥った(爆)

後は、自分でゲーム持って行ったり、ま、そういう遊び方もできる店かと。

現在プロモ中らしく、セット500、指名300、LD300、++