今回の原発事故の記事を眺めていて、オナハマを思い出した。
もう十数年前になるだろうか?

東京のPパブで出会ったババエが、オナハマ近くの田舎然としたPパブ街に再来日した事が有った。

福島からさらに電車で一時間位の田舎町に、何故かPパブがずらりと並んでいたのを今でもぼんやりと覚えている。

街の名前も忘れてしまったが、確かすぐ近くに海があった。
あの街は今どうなってしまったんだろう?

さて、そんな事を考えていたら、久しぶりに先日ニュースが流れた。
■Ambassador Lopez Escorts 44 Filipino Repartiates from Fukushima
http://tokyo.philembassy.net/events/ambassador-lopez-escorts-44-filipino-repatriates-from-fukushima/
------------
P国が退避費用負担をした初の自主退避第一陣がP国に到着したというもの。

クライシスレベルがあがったのかどうかは参照元が探しきれず不明ながら、原発から100km範囲内に在住のP人に対して、自主退避費用を政府が負担しての退避活動が始まったようだ。

これで、関東の教会等に避難されていたP人の本国帰国が実現されるといいですが、確かパスポート紛失の再発行等に伴うビザの確認作業等、多くの問題も有る事はここでは報道されてない。

■ANNOUNCEMENT ON REPATRIATION OF FILIPINOS IN FUKUSHIMA
http://tokyo.philembassy.net/events/announcement-on-repatriation-of-filipinos-in-fukushim/

現在、在日フィリピン大使館では、福島第一原子力発電所から100km範囲に在住の方で自主帰国を希望する方は大使館まで連絡するように4/15からアナウンスを始めてます。