次に泊まったのがSoi13/1。
セカンドロードに近い場所に有るWesterly Hillというホテル。

WS000009

この情報量が殆ど無いに等しいFacebookのページを見るとゲストハウスと書いてある。
確かに部屋数から言ってもその程度かもしれない。が部屋の中はホテルに負けない仕様となっていた。

前回見た時にはリニューアルが終了したばかりという事で、一階がまだ整理されてなかったが、今回見てみると、綺麗にロビー化されていたリニューアル最新ホテル。

この手のホテルには珍しく、一階がレトスランでは無く、周辺はオープンエアーな作りが多い中で、綺麗にガラス張りになっている。

前回来た時にもらった名刺を無くしてしまい、今回は現地飛び込みで予約した。
予約時にやはり一泊分のデポジットを取られるが、当然ながらこれはチェックアウトの際に帰ってくる。

このホテルの非常に良い所は、ホテルルーム入り口が普通のホテルのようにカウンターを通らず、というか入り口を入らずに、建物左端に有る階段入り口から直接部屋に行ける点。

そう書くと、セキュリティーが気になる向きもあるかと思うが、この入り口のドアは部屋の鍵についているキーホルダーをかざさないとドアが開かない仕組みになっている。
つまり、部屋の鍵を持っている人間しか入り口のドアは開けないという事でセキュリティーが守られている。

ま、この辺のホテルは大抵JF無料なので、特にカウンターを通って入る仕組みでも問題無いのだが、このホテルは自分のマンションのように利用できる点が非常にフランクな感じで良い。

料金はいくつかのタイプが有るが、今回は二階のスタンダード900Pという最安値の部屋が有ったので、そこに滞在する事にした。

これには他にも理由があって、ホテルの女性マネージャーの話しによれば、無線ルーターが二階に設置してあるらしい。なので、五階のデラックスルームだと、部屋も大きくベランダも有るらしいが、ネット接続に少々難があるとの事。

という事でネット接続優先で部屋を選んだが、結論から言うとここも少々ネットに問題があった。
というか、やはり接続は良いんだけど、品質が悪いのかチャートは開けなかった。
メールやWebは問題無い。

しかし、リニューアルしたばかりとあって備品は全て新品で、部屋の中は非常に綺麗だった。
107_400

唯一、シャワーの温水器が最初始動せず、いろいろいじくってみた挙句、本体左下にリセットスイッチのようなものがあって、それを押したら作動した。が、それ以外は特に不明な点は何も無かった。
108_400

110_400

109_400

111_400

さて、このホテル。次回も利用したいと言いたい所だが、このSoi13/1という通り自体が大しておもしろい通りじゃなかった。
あんへのようにホテルから表に一歩出たら....という楽しみ方をするにはちょっと物足りない立地である事は否めない........
westerly hill_400

名刺のメールアドレスまでリクエストを出せば予約可能との事。
ちなみに、今回は現地飛び込みなので、メールでの予約リクエストは出してない。