関空のセブパシに続き、待望の成田マニラ便LCC、オーストラリアのJet☆就航。
  http://www.jetstar.com/jp/ja/home 

3月26日から飛ぶはずが、フィリピン政府の許可が下りず....という間抜けな理由で31日までまさかの欠航。

プロモで往復18620円也の日程が4/3ときわどい。
いろいろと問い合わせた結果、4/2月曜からスタートとの事。

ところが、4/3は記録的な暴風雨襲来。
午後2時半のフライトは何故か午後3時に微妙にずれて、さらに午後18時と暴風雨真っ只中の時間に変更。
当然ながら自爆で、欠航となった。

しょっぱなから渋い展開となったが、欠航便は翌日朝10時に振り替えられた。

翌日は台風一過の晴天(台風じゃなかったけど)。

もともとダーウィン行きのマニラトランジットなので、客層は1/4位が白人。
残りが日本人とP人、半々位か。
どちらも、OFWやら、家族連れやら、爺とアルPカップルやら、あんへ行きのオヤジ軍団やら、ごった煮状態。

飛行機は中型のA300 。
057UP_400

イスは左右三列づつ。
058_400


膝元のピッチは短いながら、イス自体が非常にシンプルな作りになっていて、本来なら膝元の前座席裏側に有る物入れが無い。
これ専用に作ったのか、イスも物凄く薄い作り。
ただ、個人的には流線型になってるセブパシのイスよりはこちらの方がいい。
062_400

当然ながら、テレビも音もついてない。

機内食は事前にwebで頼めるが、数に余裕があれば機内でも買えるようだ。
その他、セブパシ同様軽食や飲み物のワゴンセールはあるけれど、決済はカードオンリー。
セブパシのように何か臭いカップラーメンとか無いので、機内が匂うような事は無かった(笑)

クルーは何故かインド人。
セブパシのように機内でゲーム....とかは無い。

4/4振り替え便は45分遅れで飛んで、1時間15分遅れで到着。
機内に居る時間がかなり長く感じた。

到着はNAIA1。
ちなみに、機内では入国カードや関税申告カードの配布が無い。
なので、入国カードはイミグレの手前で、関税申告カードは関税のカウンターで、それぞれ入手して書かなければならなかった。

総評としては、こんなもんかな....という感じ。
しかし、プロモじゃない正規料金では往復30000円台で、PALの四万台と比べると、荷物重量の問題やら、日程変更可能にするには追加料金が必要とか、チケットの条件を同じにした場合、PALと同等の料金になっちゃうんですな。

となると、やはりジェット☆はセブパシ同様、プロモ利用のみに限定か。