秘密の隠れ家ザホテル!!

タイVSピーナス~ホテル総括

今回泊まった三軒のホテルはどれもマニラやあんへの同程度のホテルよりは綺麗。
というか、建物自体はそれ程新しくなかったので、やっぱりメンテが良いのかもしれない。

それと、マニラの同程度のホテルの方が質素な作りか。
アメニティーも少ないし、大抵の安宿はメンテも酷い。
という事で安宿対決はタイの勝ち!?
しかし、安宿とは言っても、タイ特有の映画に出てくるような超安宿に泊まった訳ではないので、あしからず(笑)

個人的には、今回の宿泊ホテルの中では、四連泊するなら最後に泊まったヘブンスアットフォーがお勧めか。
一泊タダのプロモだと四連泊で一泊3000円位と、ブルゴスの安宿と同程度となり、あの質ならかなりコストパフォーマンスは高いと思う。

例えると、ブルゴスの入り口にある安宿、INWANGSANという感じたろうか?
http://maynilafightclub.dreamlog.jp/archives/51397702.html
このブログでも昔紹介してるが、この1500Pプロモいまだにやってるようだ(笑)
なので、料金的にはヘブンスの四連泊と同程度となる。
が、やっぱり部屋のレベルはどう見てもヘブンスが各上だが.........

一方で、パタヤのホテルに関して言えば、リノベートされたグランドセントラルが料金的にも立地的にも比較対象となるが、こちらの評価はほぼ同じかな。リノベートされたばかりというアドバンテージがあってやっと同程度という一般的な評価では無いという点はお許しを。

奇しくも、どちらもグランドの名を冠してるが、グランドホテルパタヤもグランドセントラルもウオーキングストリート内の立地で、喧騒ど真ん中。しかし、両方共にそれ程うるさくはない。
室内の床は掃除しやすいタイル張り。水周りはシンプルで、アメニティも最小限しかついておらず、部屋の面積もちょぅど同じくらい。

しいて言えば、リノベートされたばかりのグランドセントラルが壁かけTVで非常に見やすい....という点が少し勝っているという程度かと。
ただ、グランドセントラルは現在プロモ価格2200pだが、正規料金になるとグランドセントラルパタヤの方が安いという事にはなるが.........

本当はサービスアパートメントとか、もう少しいろいろと調べてみたいが、宿泊移動は結構疲れるので、これは今後の課題かな。

ところで、どのホテルでも困ったのがWifi。
今回のホテル選びでは無料Wifiがあるというのが条件。
なので、どのホテルもWifi無料で使えた。

が、ネットの質が悪い。
まず、プチプチ切れる。
さらには、ルーターには接続されるがネット接続されない事がままある。
まあ、メール見て、ウェブで情報検索する程度なら問題無いが、トレード環境としては結構劣悪で、結局まともにトレーディングプラットフォームが開いたのは、数える程だった。

ちなみに、こちらからタイのサイトに接続する場合もどうも重いようなので、大陸へのルーティングの問題なのかもしれないが..........しかし、どこもそうだとすると、タイでの二週間以上の長期滞在は難しいかもしれない。
次回は有料のWifi環境も少し調べてみようかと思った。

タイVSピーナス~宿泊その3

バンコク日程後半に泊まったのが、ソイ4を数百メートル程入った右側にあるHeavens@4 Hotelというデザイナーズホテル。

今回はナナ周辺という事でソイ4周辺が対象だったが、やはりソイ4を奥に行けば安くなる。
が、距離が有る分、スクンビットに出るまでが大変。
ま、大抵のホテルは何がしかの移動手段を用意してるようだが、それもちょっと面倒かと。

それで、歩ける距離ギリかなとここにしてみた。

ホテルの概観は赤基調のラブホのような概観。
中もちょっと派手。
朝食はついてないのを選んだが、周辺に幾らでもレストランは有るのであまり困らない。
174407_1003251604002983490_STD_400


また、ホテルの両サイドがランドリーという事で、今回はこのランドリーをよく利用した。
ちなみに、値段はKg/80Bで、ホテルの一枚一枚加算されるランドリーと比べると若干安いかな...という程度だと思う。というか、マニラと比べるとめちゃ高い!(笑)。
ま、場所柄旅行者しか利用しない為かとは思うが.........

このホテル、鍵がカードキーだが、差込型では無く、無接触型。
ところが、何か調子が悪いのか、なかなか開かない。
かざし方を変えてみたりなんだりして、やっと開くのだが、直してもらおうと頼むと、その時だけ何故かすっと開く。
まさにマーフィーの法則炸裂(爆)

そんなこんなでドアは難儀だったが、それ以外は快適だった。

ちなみに、ここもデラックスで日本円4000円強
最初のホテルより数百円高いが、ま、ほぼ同じ位。
パネルTVがベッドから見やすいように高い位置にセットしてあったり....と、イメージ的には値段がほぼ同じ、あんへのグランドセントラル(旧オレンジライオン)と何となく似てるけれど、やはり水周りがこちらの方が綺麗だろうか。さらに言えば、ライトのディテールやガウンが付いている所等は、こちらの方がはるかにホテルしている。

ちなみに、ここは三泊すると一泊タダというキャンペーンをしているようだ。
今回は残念ながら三泊で帰国というもったいない展開になってしまったが......

062_400

063_400

064_400


タイVSピーナス~宿泊その2

パタヤで今回宿泊したのは、ウォーキングストリートはソイ14のグランドホテルパタヤ。
これまたAgodaで予約したが、税無し最安値は税込みでは他のサイトに負けていた(笑)
日本円で3392が税込みだと4000円を超えてしまう。

これまた円ペソ換算で2000ペソ。
あんへのこの料金クラスのホテルと比較するとやっぱりこちらの方が綺麗かな?

こんなゾウさんのタオルはあんへには無いね。
ま、初日だけだったけど(笑)
037_400

トイレは綺麗だが、アメニティーが少ない。
038_400

シャワーの作りがちょっと変わってた。
039_400
湯量は十分。
ただし、今回同行者の部屋のシャワーの排水が悪く、チェックイン早々に排水口をチュボチュボしてもらった。
言えばすぐに対処してもらえたが.....

また特筆すべきはセーフティーボックスは無い。
あんへでこの値段クラスならセーフティーボックスはありますな。

場所はウオーキングストリートを入ってすぐのソイ14。
ソイを曲がって10数メートルなので、周辺にはコンビニも両替もあって非常に便利。
あ、もちろんこちらの両替はバンコク同様、夜の9時頃には閉まってしまうので、それ以降はATMしかない。

朝食付きで、朝食はバンコクのホテル同様、コンチネンタルかネイティブか選べる。
ただ、朝食券はチェックイン時にはもらえなく、朝いちいち鍵持ってフロントでチケットもらわなければならなかった。

このホテルはJF無料で、朝食もチケットにW/FRIENDSと書いてもらうと同伴者無料になるようだ。
ま、今回朝飯一緒に食う機会無かったけどね(爆)

PS
う~ん、場所柄なのか、このホテル、夜中に男女の咆哮が聞こえた(笑)
滞在中、深夜に何組もの咆哮が....男も一緒になって吼えるなよ~(爆)
続きを読む

タイVSピーナス~宿泊その1

今回の宿泊はバンコクで二つのホテル、バタヤでひとつのホテル、計三つのホテルに宿泊した。

バンコク前半に宿泊したのが、マジェスティックスイーツホテル
AGODAで予約したが、このサイト、初期に表示される料金に税金が含まれていない。
なので、決済する段階で税込みの料金が表示されると、いきなり割安感が損なわれるのが問題と言えば問題か。

ちなみに、料金は税込みだと4000円前後。
円ペソ換算で2000P前後となると、あの有名なアトリウムクラスとなるが、部屋内はアトリウムよりも遥かに綺麗。
006

004

002

007

チェックイン時にセーフティーボックスが壊れていた。
ボーイがメンテナンスを呼んで修理していたが、バストイレの排水等細かい部分も見ると劣化していた。
修理後は問題無く使用できた。

このホテルの利点は立地に尽きる。
スクムビット通り沿い、ソイ4角地近くなので移動は楽。

しかし、このホテル、数年前の前回も利用したが、正規料金は倍近く上がってるようだ。
実質料金は三割高程度だろうか?...今回はオンラインブッキングなので、比較し難いが。
マニラも2004年位からホテルの値上がりが目立ったが、バンコクも値上がりしているらしい。

ブルゴス安宿比較........

最近のマニラのホテル価格高騰は結構激しく、老骨化したホテルまでジワジワと値を上げてく始末.......

さて、マカティに宿を取るなら、カラオケのパサイロード近辺にするか、55のブルゴス近辺にするか迷うところ.......
しかし、どちらも1800P以下で泊まる所を探すのは至難の業!

ブルゴスに限って言えば、以前書いたブルゴス入り口に有るINWANGSAN HOTEL
http://maynilafightclub.blog.drecom.jp/archive/421
レギュラー1500Pのプロモは現在も適用中。

このホテルは内装が新しい上に、場所が非常に便利な場所に有る.....しかも道路向きの部屋はマカティのオフィス街を望みなかなかビューもよろしい。

難点はある一定の時間、ホテルの表の通りにトライシクルがズラッと並ぶ事。
ババエを連れて帰ると、このトライの運ちゃん連中にジロジロと見られるのが、ちょっと不気味かもしれない(笑)

もう一つはブルゴスとカラヤアン通りの交差点付近、55スターダストの隣に有るOKA HOTEL。
こちらもINWANGSAN同様韓国資本!

ただ、こちらは大分老骨化してきているので、内装は期待できない.....が、その分1200P~とさらに安い。

こちらの良い所は、場所が少し引っ込んでいるせいか入り口がこじんまりしていて「隠れ家」の雰囲気然としている所か?(笑)

残念なのは、こちらは韓国人向け?の両替所がくっ付いていて、時間によってはこんな狭い入り口にスタッフが多数タムロしてるので、これまたババエを連れて帰ると好奇の目に晒される事に.....(爆)(但し、普段はガードと受付の二人だけ)

こちらの難点は、ビューは望めない事。それと何と言っても古い!
掃除は行き届いているようだが、古いのがダメな人は厳しいかもしれない。

どちらのホテルも行けば大抵空いてる上に身分証明書等ややこしい物の提出は不要。
名前とサインを書いて一泊分の金を払えば即泊まる事が出来る。

ブルゴスで1200p、1500pの宿....貴重です!(笑)

<INWANGSAN HOTEL追加写真>
99d91c7d.jpg

59975832.jpg

1f03ee44.jpg


<OKA HOTEL>
523343f1.jpg

73517a29.jpg

9e55e420.jpg

984e0155.jpg

436aca4b.jpg

352b8906.jpg

記事検索
最新コメント