ニュース

Case Unclosed

http://www.gmanews.tv/story/155674/Namatay-o-pinatay

テレビ見てたら、Case Unclosedという未解決事件を扱ったニュースドキュメンタリー番組で、マリクリスシオソンの事件をやっていた。

マリクリスシオソン、1991年に福島で劇症肝炎で死亡したカラオケーナで、当時遺体を本国に返送したのはいいけど、日本側の司法解剖に納得がいかず、本国側では暴行致死の疑いあり...と騒がれた事件。

当時前妻と結婚したばかりだったが、マリクリスシオソンという名前は今でも覚えていた。

フィリピン側が主張する遺体の鬱血は、遺体処置の問題で起こった死斑の一種という日本側の説明に今でも納得してないらしい......というか、刺し傷や打撲傷有りと。

再現ビデオでは、クラブ勤めの彼女が閉じ込められて、暴力を受けながら売春強要されていたようなストーリーに......彼女の交友関係に893の親分が居た...という事で、そから暴力と売春強要疑惑が出てきてるようだ.......

893だろうが日本のPパブのPナの前では結構「痛い」という事実はここでは語られていない。

というか、普段は日本に行きたいPナにしか出会わないので、こいうイメージはなかなかピンと来ないが、P国一般人はエンターテイナーで海外に行く連中(OFAと言われてますね)に対してはこういうイメージを持っている人が多いな。

当時国を挙げての捜査もあってか、彼女の交友関係については非常に良く調べ上げてるが、ジャパユキの特徴で、非常に不思議な交友関係だ。

そんな事もあってか、この事件の映画も撮られている。タイトルもそのものズバリ「MARICRIS SIOSON JAPAYUKI」
http://homepage2.nifty.com/asipara/japayuki.htm
※誰が書いたかは知らないが、この紹介記事を読むと逆説的に、日本人から見たこの事件とP国側が考えている事件のギャップが良くわかる。

012eed8b.jpg

食品汚染

http://www.gmanews.tv/story/153888/Firm-pulls-out-tainted-peanut-butter-products

最近ニュースでひっきりなしにやってるのが、このピーナツバター、サルモネラ菌汚染ですね。

現在Ludyブランドのピーナツバターですが、同様の原料を利用した食品(おかしが多いかな)についても継続検査しているらしいです。

当分ご注意....かな?

5fe9b668.jpg



マニラのホテル事情

■Shortage of hotel rooms will force Manila to turn away foreign tourists
http://www.gmanews.tv/story/128422/Shortage-of-hotel-rooms-will-force-Manila-to-turn-away-foreign-tourists

ここ数年、マニラのホテルは老骨化している割には年々値上がっている。
このブログにも書いてある通り、比較的安手の新しい小型ホテルは結構見かけるが、大型ホテルの新築はマビニのニューハイアットホテル以降皆無に近いのではないだろうか?

この記事にもニーズにシーズが追いついていない....と評している。
しかし、この世界不況だ....来年以降はどうなるか判ったものではないが.....

アルゼ巨大娯楽施設建設中!

日本企業によるこれほど大規模なエンターテイメント施設の開発は初めてじゃないかな?
しかし、「暫定ライセンス」というのが気になるなぁ.......オープンまでには揉めると見た!!(笑)

■フィリピン、マニラのカジノ計画進む-日本企業が2010年開業予定
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=38046

------------------------
フィリピン観光省(DOT)によると、マニラ湾沿いでカジノ建設プロジェクトが進んでいる。
これは遊戯機大手の日本企業アルゼが展開するもので、このほど建設用地とカジノ営業権の暫定ライセンスを取得した。地上33階建て、客室数約2000室のカジノリゾートホテルを建設する計画で、完成後は約2万平方メートルのカジノやコンベンションホール、ミュージアム、高級スパ、プール、ブランドショッププロムナード、レストラン、水族館、観覧車などのアミューズメント施設を備える床面積約57万平方メートルの規模になる。2010年4月にはカジノを先行オープンし、2011年11月にホテルの営業を開始する予定。
------------------------
アルゼ発表資料
http://www.aruze.com/ir/release/2008/20080821_02.pdf

マニラのニノイ・アキノ空港、国内線用の新ターミナル3をオープン

-------------------------
フィリピン航空(PR)によると、7月22日にマニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の新ターミナル3がオープンした。

同ターミナルは国内線での利用となり、同日にはセブ・パシフィック航空(5J)がボラカイ、ラオアグ、ナガ、サンノゼ、ツゲガラオの国内5路線での運航を開始。

24日にはPRの格安航空会社(LCC)であるPALエクスプレス(PALEX)とコードシェアパートナーのエア・フィリピン(2P)が運航を開始した。
-------------------------

との事です。
ボラカイやビコールのナガなんかに行く人は利用する可能性があるのかな?
しかし、そういう場合は空港確認も重要になりそうですね。
記事検索
最新コメント